メリヤスとは | 【TKF 東京ニットファッション工業組合】ニットのプロフェッショナル集団が集まる首都圏唯一のニット製造拠点

ニットとは?

ニットは編み物(knitted fabric)の総称で、knit(編む)という英語から派生したものです。
従来編み物の呼称としては肌着や下着などを指してメリヤスという言葉が用いられていました。
近年では外衣用途に編地を使ったアパレル製品が急成長し、編み物は下着ばかりではなく外衣も含めてニットまたはニット製品と呼ばれるようになりました。

ニットの沿革

「現存する最古の『編み物』の遺物は紀元前5000年代といわれる先史エジプト時代の動物を包んだもの」(「服装大百科事典」文化服装学院出版局)とあるように、文明の発祥時には多くの編組類が作られていたと思われます。その後、サラセン帝国誕生や十字軍の遠征など世界歴史の進展とともに編み物が伝わり、14世紀前半ヨーロッパで手工業的に靴下が製品化され広く愛用されていたといわれています。
 ニットが日本に伝わってきたのはあきらかではありませんがオランダ人、ポルトガル人、スペイン人が渡来した16世紀の南蛮貿易時代といわれています。手編みの靴下や手袋、編み方などが伝えられたものとみられます。メリヤスの言葉の由来は、一般にポルトガル語の「メイアス(meias)」やスペイン語の「メディアス(medias)」であろうとされています。
 機械化については、棒針による手編みニットが栄えていたイギリスで、1589年ウィリアム・リーによって靴下を編むひげ針使用の機械が考案されたのが機械化の歴史の始まりです。この編成原理が現在のフルファッション編機に応用されていることを見ても、彼の発明がいかに優れていたものであったかが伺われます。
 その後、次々と新型編機が発明されましたが、なかでも1849年イギリス人のマシュー・タウゼントによるべら針の発明は、編機の飛躍的な進歩に、多大な貢献をしたものとして特筆できます。
 一方わが国においては、明治時代の初め、西村勝三が手回し式丸編機、口ゴム用の横型機械を輸入し、東京築地において靴下製造を始めたのが機械編生産の第一歩といわれています。

ニットのしくみ

ニットの編目の構成は、よこ編みとたて編みに大別できます。
 よこ編みは編み終わりの方からほどけやすく、ラン(伝線)しやすい性質があります。また、よこ編み地はたて編み地よりも伸縮性があります。

ニットの特徴

ニットは編目で構成されることから、織物と比較して次のような特徴や性質があります。

・伸縮性が大きい     ・ドレープ性がある
・しわになりにくい    ・ソフトな風合いがある
・カジュアル的である   ・成形製品ができる
・ほどけやすい      ・型くずれしやすい

主なニット製品

ニット靴下 ニット帽 ニット手袋

ニットジャケット

カットソー

ニットセーター

Creampie
Threesome
Blowjob
Creampie
Anal
Anal
Anal
Blowjob
Threesome
Anal
Creampie